月額390円で通厳選の名作映画が観られるってマジ?【アマプラ 】

Primeビデオ

はいどうも、さざなみ房のほうなみです。


ほうなみはAmazonプライムに加入しているのですが、主な目的はPrimeビデオだったりします。



ゆるキャン△(実写)を無限に再生することでかろうじて正気をたもっているわけです(大垣が大垣すぎて良すぎる…………すき………………)。


とはいえ観られるものは限られています。
なので加入してみました。

『シネフィルWOWOWプラス』チャンネルにです。


14日間の無料体験のあとも月額390円で数々の名作を堪能できるということで「良いの……?」という感じですが、良いみたいです。


さっそく観たのが『イル・ポスティーノ』


イタリア・ナポリ湾に浮かぶカプリ島(撮影は同湾のプロチダ島)を舞台に主人公マリオと亡命詩人パブロとの交流を描いた作品。


ほうなみはマリオの自己中心的な言動に若干のいらだちをおぼえつつ視聴していたのですが、終盤にかけて起こる彼の変化と行動、そしてそれゆえいたる結末にもの悲しくもうつくしい余韻をあじわうことができ結果大満足。


すばらしい風景としばしば紡がれる詩にも情感のゆらめくような心地よさがあり、率直に言っておすすめです。


ザ・シネマ様のコラムを読むと作品の強度が増します(導入部のあらすじと撮影に関するお話なのでいわゆるネタバレの心配はありません)。

チリを舞台にした小説が、“伝説”のイタリア映画になるまで〜『イル・ポスティーノ』〜
ザ・シネマは、ハリウッド最新作などのメジャータイトルから懐かしのクラシック映画、マニア垂涎ものの、未公開含む激レア作品までにこだわった映画ファン必見の洋画専門チャンネルです。


↓シネフィルwowow様の公式Twitterも。


ほかにも名作揃いのシネフィル・セレクションや人気の海外ドラマなどがあり、ほうなみは現在『トリコロール/青の愛』からはじまる「トリコロール三部作」、あとは本国イギリスにおいてシャーロック・ホームズを凌ぐ人気を有するという探偵モース警部の刑事時代を描く『刑事モース』の視聴をもくろんでいます。※字幕版のみあります。

映画『トリコロール/青の愛/白の愛/赤の愛』三部作 予告編
6月30日(土)放送!『刑事モース~オックスフォード事件簿~』予告編



もちろん『シネフィルwowowプラス』以外にも魅力的なチャンネルはたくさん存在しますから、さらなる幸福度の向上をはかって追加登録することも夢見ているのですが、すべては予算次第、ちょっとむずかしいかもしれません。


などと書きつつも『ウィッチャー』と『ライド with ノーマン・リーダス』が観たすぎるほうなみは結局Netflix、Hulu共に登録することになるんですけどね。


ええ、まちがいなく。

『ウィッチャー』予告編 – Netflix
Huluプレミア「ライド with ノーマン・リーダス」シーズン2



金?
知るかカヴィルとノーマンだぞ。



以上、もやしが主食のほうなみでした。
ばいばい!

タイトルとURLをコピーしました