お金の勉強をしないとどうなるか、俺はよく知っているんだ

安定的な収入や将来の見通しがいかに不確かなものか、コロナ以降痛感している方も多いかもしれません。
確実、安全な道が存在しない以上、私たちは霧のなかを手さぐりで進むしかなく、しかしそんな中でも今日をどう生きるか、これからをどう生きるかという計画は必須となります。



そしてそういう時に役立ってくれるのが物事の本質を突いた情報です。
特にお金の知識は健康と並んで最重要と言っても言い過ぎではありません。



なぜか。



資本でまわる社会の中では、学んでいない人は一生搾取されることになるからです。
私自身損の多い人生を送ってきましたので、その大切さが骨身にしみています(30代で派遣社員、手取りは13万。こうはなりたくないでしょう)。

与沢翼の『お金の真理』を読んで

成功と失敗、どん底からの再成功をおさめた与沢氏の実体験をもとに執筆されており、非常に有益な情報を得られます。
お金に特化した内容です。
しっかり読めば確実に行動が変化するでしょう。



誰かの人生を変えうる書籍のひとつと言えるかもしれません。
ただし、何をどうすれば確実に儲けられるとか、絶対に失敗しない方法といったことは書かれていません。
というかそんな方法は最初からありません。



人は病気にもなれば怪我だってします。
不測の事態に呆然とした経験がある人もいることでしょう。
コロナの蔓延だって誰にもわからなかったはずです。



もちろん、将来的にそうしたことが起きる可能性は考えられていたでしょうが、いつ、どこで、ということまではわかりようがありません。
なのでこの本はあくまでも、なにが起きても不思議のない現実をいかに生きのびるか、そのための基本となる思考や行動原理を教えてくれる指南書となります。
本書で得られるのはお金との付き合いかた、引いては人生観についての知識なのです。



文章は平易でわかりやすいですから、読むのにそれほど苦労しないはず。
社会が変わり、生活が変わり、お金の知識が求められる今、この本に書かれていることはきっと役に立つことでしょう。
自分自身はもちろん、家族を守るうえでも学んでおいて損はありません。



というかですね、読んだ方がいいとか読むべきとかいったレヴェルの話ではなく、頼む!読んでくれ!といったむしろお願いをするような気持ちでいます。
現状、上手く波乗りして稼いでいる人もいるとは思うんですよ。
でもそうじゃない人だってたくさんいるわけで、私だっていつどうなるかわからない。



勉強しないと対応できない事態というものがやはりあるんです。
いえ、していても危ういことばかりです。
でもしていることで転ぶ可能性をすこしでも減らせるのならしておく方を私は選びます。
そして、たとえ転んだとしても本質を理解していれば復活の可能性は常に無くならないのです。


生きるうえで大切なことやもの、守るのは自分自身です。
そのための学習は絶対に必要だと私は考えます。
頑張りますよ、もう。

タイトルとURLをコピーしました