ネックスピーカーなら低音重視のあのメーカーを推しますね

オーディオ

はいどうも、さざなみ房のほうなみです。


今回はBOSE SoundWear Companion speaker ウェアラブルネックスピーカーについて。

SOUNDWEAR COMPANION SPEAKER | ボーズ
Bose SOUNDWEAR COMPANION SPEAKERをぜひご検討ください。快適な装着感で、音楽に没頭しながら周りの音も聞き取れます。


ほうなみは去年買ったのですが、結論から書くとかなり良いです。

  • 音楽を聴きながら会話したい
  • 環境的にスピーカーの音量をあげられない
  • 耳に余計な負担をかけたくない
  • 眼鏡に干渉しない再生環境が欲しい


といった方にぴったり。

  • すこし重い
  • 音質があまり良くない
  • 遅延がある


といった意見もありますが、

重さ → 問題なし(ほうなみの僧帽筋が発達しているからかもしれませんが
音質 → ハイレゾ等の高音質な楽曲、物静かで繊細な楽曲でなければ気にならない
遅延 → ゲームには不向き

こんな感じです。
音楽やオーディオブック、YouTubeの視聴であれば大丈夫でしょう。


臨場感や迫力について書かれた記事をいくつか見ましたが正直たいしたことありません。
期待しすぎるとがっかりするかも。


ちなみに追加で買ったJBLのネックスピーカーは音自体が軽いです。
バランスが取れているということもできますが、そこはBOSE側の強みが出ているようです。


せっかくなので比較。
JBLのSoundGear BTA ウェアラブルネックスピーカー。

SOUNDGEAR BTA(サウンドギア) : JBL/Bluetoothスピーカー,ワイヤレス,ブルートゥース
テレビなどのBluetooth®音源からのサウンドを、これまでとはまったく異なる方法でお楽しみください。サウンドを「身にまとう」新しい体験の登場です。JBLサウンドのワイヤレス性能を搭載したJBL Soundgearは、周囲の状況を遮断することなく自分だけのパーソナルサウンドゾーンを作ることができます。

正直、BOSEを手にした後だとJBLのおもちゃ感が際立ちました。
モノとしての質感、操作感はBOSEの方が確実に上です。


あとJBLで地味に辛いのが装着時に首にぶつかること。
動脈をかすめるとちょっと嫌な感じがします。


なので本体を曲げられるBOSEを支持。
ただし遅延に関してはJBLに軍配があがります。


さらにJBLはオーディオトランスミッター付属
わざわざ買わなくてもBluetooth対応・非対応機器と接続できます。


が、なかなか繋がりません。
どうなってんだこれ
という状況によくなります。


JBLはシステム音がマジでうるさいので接続不良で鳴りっぱなしはきついです。
その点BOSEは圧倒的になめらかなんですよね。


接続のはやさ、維持力は普段使いには大切です。
バッテリーの持ちもかなり良いです(約12時間)。


総合するとやはりBOSE推しということになります。
とはいえ用途次第なところも。


ほうなみもゲームために低遅延のJBLを買い足しましたから。
結局は目的にあったものを選ぶのが正解ですね。


というわけで今回は以上。
ではまた。

タイトルとURLをコピーしました