【筋トレ】可変式?固定式?ダンベル選びは安全性重視で【家トレ】

器具

はいどうも、さざなみ房のほうなみです。


家トレ必須のダンベルですが、種類が多すぎて選ぶだけでも時間がかかりますよね。
金額、形状、重量変更の手間……いろいろな要素があって迷うところです。


でも筋トレを続けるうえでいちばん大切なことってなんでしょうか。
そう、ケガをしないことです。

大きく分けて2種類のダンベルがある

  • 重量を変えられる可変式ダンベル
  • 変えられない固定式ダンベル


正直、可変式はメリットありすぎでついつい選びたくなるのですが、耐久性や安全面の不安があります。
構造上しかたのないことですが、重りの落下や故障など事故につながる可能性が捨てきれないのです。


なので長く安全に使うことを考えると固定式、もしくは耐久性の高いシンプルな構造の可変式ダンベルにせざるを得ません。

結論としては固定式かクイックロック・ダンベルの二択

固定式ダンベルがずらりとならぶ光景。
ジムや筋トレ系動画で見た人も多いでしょう。


自宅であれをやるとなると金銭的にもスペース的にも大変ですが、必要な重量に絞って揃えればそれほど問題になりません。


可変式のデメリットである耐久性、安全面の心配もありませんから心置きなく使えます。
というわけでまずは固定式ダンベルをご紹介。


クイックロック・ダンベルについては後述します。

~10㎏

低重量かつ低価格と言えばこちら
ただしグリップが太いため重いものは扱いづらいかもしれません

5~32㎏

どうせならおなじメーカーで揃えたいところですが、重さがまちまちで難しかったりします。
こだわりがなければ安価なものを選ぶと良いでしょう。

【低重量】最強クイックロック・ダンベル【高重量】

ほうなみ最推しはこちら。
数ある可変式ダンベルの中でもっとも安全性が高いクイックロック・ダンベルです。


重量変更の手間はかかりますが、ロックがしっかりしておりスクリュー式の欠点であるカラーの緩みが発生しません(あれ重りが動いてめっちゃ気になるんですよね)。


増量キットを買うことで高重量も扱えますし、集中して高強度のトレーニングができます。


ネックは価格ですが、長い目で見れば決して高い買い物ではありません。
拡張性といいデザインの美しさといい一生モノの品になりうるポテンシャルを持っています。


ただしAmazonでは売り切れです。
yahoo!ショッピングでも取り寄せとなるため届くまでにかなりかかります

[Ironmaster] クイックロックダンベル68kgセット──ロックが緩む心配なく安全性抜群。

くり返しになりますが、トレーニングにおいてもっとも大切なのはケガをしないことです。
安全に気をつけ、充実した筋トレ、フィットネスライフを送りましょう。


以上、ほうなみでした。
ばいばい!

タイトルとURLをコピーしました