やりたいことのない人生こそが最強な理由

人生

はいどうも、さざなみ房のほうなみです。
夢がある、やりたいことがある人を評価する風潮、ありますよね。


そのせいで、夢がない、やりたいことがないことにコンプレックスを感じる人も多いはず。
だとしたら……断言しますが、間違っているのは世界の方です。


発想を変え、心の平穏を取り戻しましょう。

やりたいことがないことのメリット

夢ややりたいことがある人はどうしてもそれにこだわってしまいます。
そのため、やりたいことがやれなかったり思うようにならないと焦りやストレスを感じてしまう場合も。


これが結構つらいんです。
ほうなみも仕事をしながら文章を書いているので、思うように時間を使えないんですよね。


特に締切がある時はしんどい思いをすることが多いです。
しかも無給。笑うしかねえ。


そして、それだけではありません。
たとえば作家のなかには小説や映画、漫画といったものをついつい分析的に見てしまう人がいます。


無心で楽しむことができない、ある種の職業病なんですね。
他にも、

  • なんでもやりたいことに結びつけないと気が済まない
  • 遊びやだらだらするだけの時間を無駄と捉えてしまう
  • 常になにかに追われるような、まとわりつかれるような感覚がある

と、わりとハードな生き方だったりします。


もちろん楽しいことだってありますよ。
でも無理やり選んだことだったり、好きになりきれないまま中途半端につづけたりはおすすめできません。


だったらやりたいことがない人生を謳歌してください。
やりたいことがない=自由です。


そのときの気分で好きに行動できます。
一日遊びたおしても後悔なんてありません。


なんでもすぐに始めていいですし、飽きればさっさと投げ出してしまえばいい。
誰になにを言われようが関係ないのです。

いかにやりたくないことをやらないか

やりたいことがない人はやりたくないことを避けるために行動しましょう。
いまの仕事が嫌なら嫌じゃない稼ぎ方を探すべきです。


たとえば在宅ワークなら通勤の消耗がありません。
そもそも終身雇用が崩壊した今、会社に依存した生活はかなりリスクが高いです。


スキルを身につけ自分の力で稼げるようになっておけば、会社が傾こうが首を切られようが関係ありません。
就職や転職は独立すること、辞めることを前提に決めましょう。


ほうなみの推しはプログラミング。
コンテンツ制作者はまだまだ強いです。


完全無料のプログラミング学習&転職支援サービス『GEEK JOB』の体験会、通学(セミナー受講)が緊急事態宣言への対応として完全オンライン体制へと移行していますね。


余談ですが、勉強は一生続けてください。


勉強しないと時代の流れがわからなくなりますし、感性も古くなっていきます。
自分の好みにこりかたまって視野が狭まります。


実際、ほうなみが今そういう人の多い環境にいるのですが、かなりキツいです。
一昔前の情報、かたよった知識、常識に振り回されてズレた言動が飛びかっています。


狭い領域での話ならまだしも、ネット上だと炎上の原因にもなり得ます。
アンテナは常に張り巡らせておきましょう。

人付き合いは最小限で


どういう道を選ぶにせよ関わってくるのが他人です。
もしあなたが対人関係にうんざりしているのなら本当に大切なつながりだけを残してあとは切りましょう。

  • 生き方にケチをつけてくる
  • なにかと足を引っ張ってくる
  • 利用しようとしてくる
  • ネガティヴな発言をぶつけてくる

こういった相手とは早めにさよならするか、全力で距離を置くべきです。
ほうなみは実際にかなりの時間を無駄にしました。


めちゃくちゃ神経をすりへらしましたし、良いことなんてなにもありませんでしたね。
過ごすのならば一人か、でなければ本当に気が合う友達、節度や礼儀をわきまえた人とがいいですよ。


家族であれ職場の人間であれ、言動に問題があるならとにかく離れることを考えましょう。
マジで良いことないんで。

まとめ:大切なのはより良く生きること

人間が一生のうちに体験できることなんてたかが知れています。
100年程度で遊びつくせるほど世界は小さくありません。


人生をつまらないと感じるのならそれは自分の目や心がくもってしまっているだけです。
持たざる者の強さを発揮し、なんにでも挑戦すればいいと思います。


お金をなんとかすることで人生の自由度はめちゃくちゃに上がります。
理想の生活から逆算し、これからの行動を決めてゆくのが賢い生き方でしょう。


ゴールは命の終わりだけです。
やりたいことがないのは大きな強みなのですから、自信を持って今日という日を楽しんでください。


以上ほうなみでした。
またね!

タイトルとURLをコピーしました